Nov,15,2010

メスティア村へ来る人の多くの目的は、更に奥にあるウシュグリという村へ行くことだ。
この一帯、上スヴァネティ地方の住居、塔などの建造物は世界遺産に認定されていて、
そのなかでもウシュグリ村の塔は素晴らしいと有名だ。
私たちも行ってみたいと思ったけど、公共交通機関がないから車をハイヤーしなくてはならないし、
メスティアに来る道も、メスティア自体も、期待を遥かに超える素晴らしさだったので、
わざわざ2人だけでウシュグリに行かなくてもいいかなという気分だった。
もちろん誰か車をシェアする旅人と出会えたら、行ってみようかなとは思っていたけども。

Continue»

yoko | Georgia
Nov,12,2010

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

夜行寝台列車に揺られてトビリシからズグディディまで来た。
発車とともに眠りについて、着く直前に目が覚めた。
ちょうど8時間、睡眠に最適の長さだ。
年々乗り物での長距離移動が辛く感じるのだけど、寝台列車はちゃんと寝られるのでいい。
グルジアの列車は簡素ではあるけれども、不潔ではないし、スペースは申し分なくあって、
8時間も乗って500円と激安でとてもいい。

Continue»

yoko | Georgia, MOVIE
Nov,09,2010

美味しい美味しいとしきりに絶賛のグルジア料理。
では果たしてどんな料理があるの?というあなたに、グルジア料理のほんの一部を大紹介。

グルジア人の国民食といえばヒンカリという巨大な小龍包の様な食べ物。
食堂に行くとヒンカリとビールで一杯やっているグルジア人が沢山いる。
頭の部分を手でつまみ、まずはちょっと噛みちぎって中から溢れ出てくる肉汁をすする。
それから本格的にヒンカリ攻略に取りかかり、頭の部分は残します。
味は日本の餃子風で、中にはマッシュルームヒンカリとかポテトヒンカリもあります。
きっと中国から伝来した食べ物なんだろうけど、中国みたいに小さく薄く包まず、この豪快な大きさにしてしまう所に気質の違いが表れているようで、とても面白い。

Continue»

hiro | Georgia
Nov,06,2010

「グルジアは、人が良くて料理がうまい」
それが多くの旅人の共通した意見だった。

でも首都トビリシにいる限り、グルジア人の感じが良いとは正直感じられない。
グルジア人は確かにお洒落だ。ヨーロッパ風の街並みの中で、お洒落な服を颯爽と着こなしている。
でも目があってもにっこり微笑んでくれる人が圧倒的に少ない。
治安はとても良くなったらしいけど、それでもやたら物乞いがいるし、荷物をじろりと見る感じとか、目つきの悪さとか、どことなく柄が悪い感じがして居心地が悪い。

Continue»

hiro | Georgia
Nov,03,2010

グルジアは今、観光化を急ピッチで進めていて、その街並みを急速に変えつつある。
首都トビリシには19世紀の可愛らしい旧市街が残っているのだけど、
その旧市街ですら朝から晩までガンガン工事をしていて、いたる所に厚化粧を施している。
まだ修復がされていない辺りを歩くと、いい感じに古ぼけた家の奥の方で洗濯物が干されていたりして、とてもいい味を出しているのだけど、修復された後の家々は妙に真新しくて何となく窮屈に見える。
夜に美しくライトアップされた姿なんて、これからエレクトリカルパレードでも始まりそうな勢いだ。

Continue»

hiro | Georgia
© yokoandhiro All rights Reserved. | 管理者ページ