Mar,08,2009

アバデアを出て5日。
たったの5日しか走っていないけど、ケニア自転車旅は最高に楽しい。
これまでの半月も楽しかったけど、やっぱり自転車旅は出会える風景や出会える笑顔が違う。
マタツ(乗り合いバス)で何回も通った道ですら、新しい発見がいっぱいで楽しい。
一番楽しいのは、道行く人々と挨拶すること。
ケニア人はシャイなのか、こちらから声をかけないとちょっと怖い顔をしてる。
でも、こちらから「Jambo!」と元気よく声をかけると、
大きく長い手をぐーんとのばして、これでもかってくらいニカッと笑って返してくれる。


ロンゴノット山を遠くに見渡すゴージャスビュー!こういうとき自転車でよかったって思う。

あまりにパワフルな笑顔なもんだから、すごく嬉しいし、元気になる。
嬉しくってついつい道行く人々に声をかける。
みんなめちゃくちゃ笑顔。本当に素敵な笑顔だよ、ケニア人。
子供たちは体いっぱいで挨拶してくれる。
飛び跳ねる子もいる。踊る子もいる。
How are you? How are you?
ってリズミカルに歌うように声をかけてきてくれる子たちは、あまりに可愛くて
思わず顔がデレってしてしまう。
なんたってこの国はやたら人が歩いてる。
どこまで歩くんだ?ってくらいただひたすら人々が歩いてるもんだから、
挨拶する人には困らない。


飛ぶ!踊る!子供たちの黄色い歓声は嬉しい。


子供たちが走ってついてくる。あれくれこれくれだの言わない。ただ楽しそうについてくる。

もちろん自転車旅が楽しいのはそれだけじゃない。
緑いっぱいのアバデアから始まり、紅茶のプランテーションの緑が瑞々しいナイロビ近郊、これぞサバンナ!というような乾燥した大地にアカシアやサボテン、それに美しい火山や湖。
キャンプ場には野生のカバやコロバスモンキー、見たこともないような色とりどりの鳥であふれかえっていたり、ピンクフラミンゴだらけの湖が目の前にどーんとあったりする。
すごいぞ、ケニア!
中東とはまた全く違った旅で感動の日々。
やっぱり私たちは自転車で旅するのが向いているみたい。


テントを開けるとフラミンゴがいっぱい。


私の愛するマンゴーが1個10円で道端で売っている。特にアップルマンゴーは最高。自転車旅のおやつに。


yoko | Kenya
© yokoandhiro All rights Reserved. | 管理者ページ