Tajikistan

訪れた日

2010.7.21~2010.8.26

走行距離

1450 km(total 11,812km)

走行日数

22 日

訪問都市

ホジャンド、ドゥシャンベ、ホーログ、パミール高原(ワハン渓谷、パミールハイウェイ)

ようこの大好き度 ★★★★★ 自転車旅が最高に楽しめる国。ワハン、パミールの人々の底なしのホスピタリティーに感激し、美しい大自然を満喫しながら走行した日々は、道の酷さだって、ご飯のまずさだって気にならないくらい最高の思い出となりました。ありがとう、タジキスタン。
ひろの大好き度 ★★★★★ 素晴らしい自然にホスピタリティ溢れるパミールの人々。自転車で来て心から良かったと思える素晴らしい国でした。これで美味しいご飯と舗装路があれば天国なのに。
人々の親切さ ★★★★★ タジク人に限れば親切だけど子供っぽさが過ぎるので星3つ。でもパミール人は優しくて穏やかで素朴でホスピタリティに溢れていて、感激の日々でした。パミール人に感動して星5つ。
食物のおいしさ ★☆☆☆☆ 近隣諸国よりさらにレパートリーが減り、衛生状態も悪化。自炊かパンでお腹を膨らませる日々で、タジク料理を全く食べる気がしなかった。
自然のすごさ ★★★★★ 心にじんわりと沁み入る美しい風景の連続。パミール高原は期待にたがわぬ素晴らしさでした。文句なしの星5つ。
自転車旅お勧め度 ★★★★★ 道は最悪だけど、景色も人々も最高。自転車旅の醍醐味を全身で味わえる、チャリダーのためにある様な国。水や食糧の補給も比較的しやすい。でも道路は最悪です。
Click and Jump to BLOG

アイゲン
国中で大流行のビニール袋。どの街でもみんなこの袋でお買い物。

バレーボール
大人も子供もバレーボールが大好き。国民的スポーツがバレーボールって意外と珍しい。

ミリンダ
見かけは本物っぽいのに味は激マズの偽物ミリンダ。誰もが1度は騙されています。

パミール建築
シンプルな外観とは裏腹に、中は明るく広くて素敵な空間。5本の柱にはそれぞれ名前が付いています。

ペアルック
中央アジアでよく見かける家族のペアルック。一つの生地を大量に購入するんでしょうね。

私たちがお世話になった安宿の情報です。

宿選びの際は安さを追求するのではなく、居心地の良さを重視しています。

宿の値段や良し悪しはめまぐるしく変わるので、参考程度にして下さい。

(付)=トイレ、バス付。(共同)=トイレ、バス共同。(B&B)=朝食付

特記がない限り、ドミトリーは1人あたり、テント泊は一人あたり、ダブルは一部屋の値段です。

為替レート 1ソモニ≒20円(2010年8月当時)

タジキスタンの安宿情報

【ドゥシャンベ】  ホテル ポイタクト(hotel Poytakht)
宿泊日2010.7 旧名ドゥシャンベホテル。4,5階がドミトリーで、2人部屋でも4人部屋でもなぜか料金は同じ。ベッドがあるだけの超シンプルな部屋だが清潔にしてある。一人10ドルの価値はないが、この街のホテルはどこも無駄に高いので、消去法でここに泊まる人が多い。
ドミトリー(共同)10ドル
総合評価★★☆☆☆
清潔度★★★☆☆
リラックス度★★☆☆☆
ホットシャワー
無線ラン×
共同キッチン×
【ドゥシャンベ】  アクティド ホームステイ(Acted Homestay)
宿泊日2010.8 可もなく不可もない極めて普通の民家の一室を借りる。庭があって洗濯に便利なのと、自転車の出し入れが楽なのがメリット。娘の一人が英語可。中央アジアの宿はどうしてこんなに値段不相応なんだろう。
部屋貸(共同)15ドル(B&B)/1人
総合評価★★☆☆☆
清潔度★★★☆☆
リラックス度★★★☆☆
ホットシャワー
無線ラン×
共同キッチン×
【ホーログ】  パミールロッジ(Pamir Lodge)
宿泊日2010.8 水の供給は不安定だし、シャワーはドラム缶に柄杓のアフリカンスタイルだし、庭は斜めでテントを張りづらいが、数多くのチャリダー、ライダー、クライマー、旅人が出入りするので情報収集に最適だし、毎日何かと楽しい。空間も開放的なのでリラックス度は意外と高い。全5部屋しかないが、テラス泊やテント泊が可能。朝食や夕食もオーダー可。
テント泊4ドル/1人
総合評価★★★☆☆
清潔度★★☆☆☆
リラックス度★★★★☆
ホットシャワー
無線ラン×
共同キッチン×
back to top
© yokoandhiro All rights Reserved.