モザンビークの感想&安宿情報 - ようことひろの自転車ぐるぐる世界旅

Mozambique

訪れた日

2009.07.31~2009.08.21

走行距離

約285 km(total 6,674km)

走行日数

5 日

訪問都市

ゾブエ、テテ、チモイオ、トーフ(インニャンバネ)、マプト

ようこの大好き度 ★★★★☆ 南部は治安の悪いところも多いようですが、観光地ばかりではなく、ゆっくりと地元の人々と触れ合いながらノンビリする旅がお勧めの国です。まだ行ったことはないけれど、街の色使いや人々の陽気さが、イメージの中のブラジルのような雰囲気。
ひろの大好き度 ★★★★☆ 日本では内戦やPKOのイメージばかり先行するけど、街は洗練されているし(田舎とのギャップは凄い)、物価は高いけど、人良し・食べ物うましの素敵な国。もっとこの国を走ってみたかったので強盗事件はとても残念だったけど、それでも陽気な人々に心癒され、良い印象が残る国でした。
人々の親切さ ★★★★☆ ラテン系を髣髴させる陽気でフレンドリーで親切なモザンビーク人たち。沢山の親切と笑顔をもらうことができて、強盗に遭ってもなお、モザンビーク人は好きです。
食物のおいしさ ★★★★☆ ポルトガル植民地時代の影響か、食べ物のレベルはこれまでのアフリカ諸国とは全然違った。マプトのカフェのサンドイッチなんてアフリカにいることを忘れてしまうほど洗練された味。自転車旅が途中で終わってしまったためローカル料理を食べるチャンスがあまりなかったのがとても残念。
自然のすごさ ★★★☆☆ 自転車で走ったルートは変化に富んでいてきれいだっけど、バスで走った南部海岸沿いはひたすら平坦で単調で海すら見えない道が続くだけでつまらない。
自転車旅お勧め度 ????? 人が明るくフレンドリーだったので自転車で走るのはとても楽しかったのだけど、なにせ強盗に遭ってしまったので評価のしようがありません。もっともっと走りたかった。
Click and Jump to BLOG
カメラを奪われてしまったためモザンビーク編アレコレはお休みです。
パンが美味しかったこと、女性がおしゃれ(特に髪型)だったこと、小さな集落にもソーラーパネルがぽつんと置かれていたこと、などが印象的でした。

私たちがお世話になった安宿の情報です。

宿選びの際は安さを追求するのではなく、居心地の良さを重視しています。

宿の値段や良し悪しはめまぐるしく変わるので、参考程度にして下さい。

(付)=トイレ、バス付。(共同)=トイレ、バス共同。(B&B)=朝食付

特記がない限り、ドミトリーは1人あたり、テント泊は一人あたり、ダブルは一部屋の値段です。

1メティカ≒3.7円(2009年8月当時。1USドル≒25メティカ)

モザンビークの安宿情報

【テテ】  ジュズージ エボン キャンプサイト(Jesus e'bom Campsite)
宿泊日2009.08 ザンベジ川東岸にある、この街で唯一安く止まれる場所。ちなみに西岸のホテルはどれも1,000メティカ以上。民家の庭をお借りしたようなアットホームな雰囲気で、キャンプ場に向かう道もほのぼのしていて好きだった。街は西岸に広がっているので買出し等にいちいち橋を渡らないといけないのが面倒。
テント泊100メティカ
総合評価★★★☆☆
ロケーション★★☆☆☆
リラックス度★★★★☆
ホットシャワー×
無線ラン×
共同キッチン×
【グロ】  ペンション オアシス(Pensao Oasis)
宿泊日2009.08 ちゃんとオープンしているの?と不安になる外見だけど、中に入ると清潔な中庭と部屋、なぜかスイミングプールまであってギャップに驚く。部屋は広いけれど蚊帳はない。
ダブル(付)600メティカ
総合評価★★★☆☆
清潔度★★★☆☆
リラックス度★★★☆☆
ホットシャワー×
無線ラン×
共同キッチン×(レストラン・バー併設)
【チモイオ】  ピンクパパイヤ(the PinkPapaya)
宿泊日2009.08 強盗に遭った直後に泊まった宿。オーナーのドイツ人夫妻がとても親切で優しかった。敷地はこじんまりとしているけど、部屋も共同スペースもとても清潔で、従業員もとても感じが良くて、キッチンは久々充実していて、自宅にいるみたいにゆっくりと強盗のショックを癒すことができた。ここに泊まっていなかったらと思うとゾッとする。
ダブル(共同)700メティカ
総合評価★★★★★
清潔度★★★★★
リラックス度★★★★★
ホットシャワー
無線ラン×
共同キッチン
【トーフ】  ファティマズ ネスト(Fatima's Nest)
宿泊日2009.08 キャンプサイトはだだっ広い駐車場みたいに味気なくて海も見えないけれど、バーやバンガローから離れた静かな場所にあるし、トイレやキッチンや充電用プラグなど必要なものが全部揃っているので、僕らにとってはリラックスすることができた。バーは海に面していて気持ちが良い。宿からマプトのファティマまで直通バスがあるのが便利(450メティカ)。
テント泊200メティカ
総合評価★★★★☆
ロケーション★★★☆☆
リラックス度★★★★☆
ホットシャワー
無線ラン×
共同キッチン
【マプト】  ファティマズ バックパッカーズ(Fatima's Backpackers)
宿泊日2009.8 トーフの宿と同系列。一軒家を改造した様なこじんまりした宿だが、どこも清潔にしてある。ブサイクすぎて心癒される犬がいるのがポイント高い。テントサイトは家の屋上なのでせせこましい。モザンビークのバックパッカーズ(安宿)には共同キッチンがあることが多いので、外食がかなり高いこの国ではとても助かる。
テント泊200メティカ
総合評価★★★☆☆
清潔度★★★★☆
リラックス度★★★☆☆
ホットシャワー
無線ラン×
共同キッチン
back to top
© yokoandhiro All rights Reserved.