パタゴニアの感想 - ようことひろの自転車ぐるぐる世界旅

Patagonia
(Argentina & Chile)

訪れた日
(2010.12.01~2011.04.07)

12.01~12.24(Arg)
12.24~02.03(Chl)
02.03~02.19(Arg)
02.19~03.11(Chl)
03.11~03.27(Arg)
04.01~04.07(Arg)

走行距離

3053 km(total 18,017km)

走行日数

44 日

訪問地域

ブエノスアイレス、湖水地方、チロエ島、カレテラ・アウストラル、エルチャルテン~プンタアレナス、フエゴ島、プエルトイグアス

ようこの大好き度 ★★★★★ こんなに毎日素晴らしい景色を見たら罰でも当たるんではないかと心配したくらい感動的な景色三昧の日々でした。パタゴニアは本当に凄い。一生分のアドレナリンを放出してしまったかもしれません。
ひろの大好き度 ★★★★★ 毎日心を全開にして大自然に感激・感動する日々。あっという間に過ぎた密度の濃い素晴らしい日々だった。パタゴニア、本当に最高です。
人々の親切さ ★★★☆☆ 人口密度の低いエリアだったこともあって地元の人たちと深く関わる機会は少なかったけれど、出会う人たちはみんな素朴で優しかったです。
食物のおいしさ ★★☆☆☆ 外食が高い割にいまいちなので基本的に自炊。アルゼンチンの牛肉が安くて美味しいことにはびっくり。ワインはチリよりアルゼンチンの方が好みだった。
自然のすごさ ★★★★★ 期待を膨らませて乗り込んだけど、その期待を遙かに上回るバリエーション豊かで圧倒的な大自然が待っていた。自然の偉大さを感じることができる素晴らしい場所でした。
自転車旅お勧め度 ★★★★★ パタゴニアの満喫するには自転車がベスト!お勧めというレベルを越えて、自転車で来なくてはならない場所です。どれほど自転車で来れたことに感謝しながら走ったことか。
Click and Jump to BLOG

細かすぎでしょ
ただいま5.260km地点なり。10mごとにあるチリの道標。そんなに細かい必要はあるんだろうか。

オアシス
昼休憩に雨宿りにと大活躍だったバス停。チリではたくさん見かけたのにアルゼンチンでは全然見当たらなかったのが残念。

毎日のように美しい虹を見た。こんなに太くてビビットな虹は見たことがない。

パタゴニアの雲はいつも印象的。風の大地パタゴニアの広大な空に素敵なシェイプを描く。

急坂?
パタゴニア名物、急坂注意の看板。いくらなんでもちょっとやりすぎ。

宿敵
12月から1月にかけて大量発生する宿敵、タバーノ(ホースフライ)。ブンブンブンブンと本気でうっとおしい。

極楽な移動
チリ・アルゼンチンのバスは食事もついて飛行機のビジネスクラスのような快適さ。これなら長時間の移動も楽チン楽チン。

安宿情報はお休みします。

back to top
© yokoandhiro All rights Reserved.