タンザニアの感想&安宿情報 - ようことひろの自転車ぐるぐる世界旅

Tanzania

訪れた日

2009.04.12~2009.04.29
2009.06.23~2009.07.16

走行距離

1回目:85 km(total 4,530km)
2回目:936 km(total 5,466km)

走行日数

1回目:2日
2回目:12日

訪問都市

ムワンザ、ダルエスサラーム、モロゴロ、ミクミ、イリンガ、トゥクユ

ようこの大好き度 ★★★☆☆ サファリやザンジバルを抜かすと特にやることがないという印象だけど、逆にこの2つに絞って短期の旅で来るにはとても楽しいと思う。カラフルなカンガを着る女性たちが他の周辺国に比べてアフリカ!っぽさを出していて素敵。
ひろの大好き度 ★★★☆☆ 2度目の訪問になった今回は特にハイライトもなくただ自転車を漕ぎまくったという感じだった。盗難事件は悲しかったけど、それを通じて沢山の親切を頂いたのがこの国の一番の思い出。
人々の親切さ ★★★☆☆ タンザニア人はノンビリ穏やかで、まさにポレポレ(Slowly)といった感じ。ただし意外とボッタクリ率は高い。一部極端に雰囲気の悪い都市もある。
食物のおいしさ ★★★☆☆ バリエーションはとても少ないが、ちゃんと味付けされた料理が出てくるのでホッとする。牛肉シチュー定食は悪くなかった。全国どこに行っても同じメニューだけど、逆にどこにでも米があったのが嬉しかった。チキンは若鶏なんて贅沢なものはなく、老衰してやせ細った硬い肉しかない。こんなチキン食べたことない!
自然のすごさ ★★☆☆☆ サファリやザンジバルは前回訪れているので今回は評価外。タンザンハイウェイに限れば単調な道が延々と続いて余り面白くなかった。
自転車旅お勧め度 ★★☆☆☆ ほとんどの街にゲストハウスやレストランがあるので自転車旅はしやすい。ダルエス・マラウィ間のタンザンハイウェイはたいした見所もないので、ここだけを走るのは余りお勧めしない。
(1回目)Click and Jump to BLOG
(2回目)Click and Jump to BLOG

バオバブの実
バオバブの硬い実を割ると中にはこんな感じの種がぎっしり。味は甘い粉ミルクみたいな感じで、意外とやみつきになる。

チップスマヤイ
ポテトフライを卵で閉じたチップスマヤイは、タンザニアの国民的軽食。ちなみにポテトは二度揚げ・三度揚げなんて当たり前。

ママチャリ
タンザニアでは日本で撤去された放置自転車が大活躍。日本語で名前や住所が書いてあるものも多い。実はこういうのが一番役に立っている国際援助?

カンガ
色とりどりで一枚一枚にメッセージが書いてあるタンザニアの布。おばちゃんたちがカンガを着ているだけで街は一気にカラフルになる。

ところ変われば
タンザニアでは自転車のスポーク(タイヤの骨組み)が焼肉の串代わり。そんなに自転車が余っているのか?

私たちがお世話になった安宿の情報です。

宿選びの際は安さを追求するのではなく、居心地の良さを重視しています。

宿の値段や良し悪しはめまぐるしく変わるので、参考程度にして下さい。

(付)=トイレ、バス付。(共同)=トイレ、バス共同。(B&B)=朝食付

特記がない限り、ドミトリーは1人あたり、テント泊は一人あたり、ダブルは一部屋の値段です。

1,000シリング≒75円(2009年7月当時)

タンザニアの宿

【キャカ】  カテケレ ホテル(Katekere Compfort Zone Hotel)
宿泊日2009.04 ウガンダ国境から入って最初の街の唯一まともっぽいホテル。これといった特徴はないけど蚊帳付きの部屋は小奇麗にしてあって気持ちよい。バーは夜までうるさい。朝食は普段つかないそうなので要交渉。
ダブル(共同)10,000シリング(B&B)
総合評価★★★☆☆
清潔度★★★★☆
リラックス度★★★☆☆
ホットシャワー×
無線ラン×
共同キッチン×(バー併設)
【ムワンザ】  クリスマスツリー ホテル(Christmas Tree Hotel)
宿泊日2009.04 従業員がとても親切。小さなダブルベットの部屋しかないので一人だと割高になるけど、部屋単位のチャージなのでカップルには最適。部屋にはテレビもついていてビジネスホテルの様。屋上に洗濯場があって洗濯物もたっぷり干せるし、毎日シーツを替えてくれるし、快適に泊まれるお勧め宿。朝食はビュッフェ形式で、二人目以降は一人3,000シリング。
一部屋(付)16,000シリング(B&B1人分)
総合評価★★★★☆
清潔度★★★★☆
リラックス度★★★★★
ホットシャワー
無線ラン×
共同キッチン×(レストラン・バー併設)
【チャリンゼ】  レンボ ゲストハウス(Rembo GuestHouse)
宿泊日2009.6 ダルエスから約110km地点にある小さな街の西端。街には複数ゲストハウスがあった中でここの外観が一番きれいに見えた。部屋は清潔で広く、蚊帳もしっかりしていた。部屋の中にまで自転車2台を入れさせてもらったので出発準備がとても楽。民家に面しているせいか外の話し声がうるさい。
ダブル(付)7,000シリング
総合評価★★★☆☆
清潔度★★★☆☆
リラックス度★★★☆☆
ホットシャワー×
無線ラン×
共同キッチン×(バー併設)
【モロゴロ】  ソフィア ホテル(Sofia Hotel)
宿泊日2009.7 値段は高いけど、部屋は広くて清潔で快適。ベランダ付きの部屋は明るくて居心地が良いので体調回復に助かった。24時間ホットシャワーと言われたのに結局時間限定だった。バスタブ・冷蔵庫・TV・ファンつき。蚊帳なし。タンザニアの安宿のベッドは縦幅が異常に狭いので、背が高い人には辛い。
ダブル(付)22,000シリング(B&B)
総合評価★★★★☆
清潔度★★★★☆
リラックス度★★★★☆
ホットシャワー
無線ラン×
共同キッチン×(レストラン併設)
【ミクミ】  キリマンジャロ ヴィレッジ イン(Kilimanjaro Village Inn)
宿泊日2009.7 町の西端。部屋にベッドがあるだけのシンプルな部屋だけど、隙間だらけの窓やサイズが合っていない蚊帳など何かとチンチクリン。部屋に自転車を入れさせてもらえたが便利。蚊が多いので注意。レストランはあるけどやっていない。
ダブル(共同)6,000シリング(B&B)
総合評価★★☆☆☆
清潔度★★★☆☆
リラックス度★★☆☆☆
ホットシャワー×
無線ラン×
共同キッチン×(バー併設)
【キダイ近郊】  クロコダイル キャンプ(Crocodile Campsite)
宿泊日2009.7 ミクミから約65km。kidayiの村を過ぎたところにぽつんとあるキャンプ場。バオバブが点在する敷地は広くて清潔にしてあるけど特に良い景色はのぞめない。飲み物がやたらと高いのが難点(ビール2,500シリング)。食事の値段は交渉次第。僕らはここで南アフリカ人サイクリスト2人と出会った。
テント泊4,000シリング
総合評価★★★☆☆
ロケーション★★★☆☆
リラックス度★★★★☆
ホットシャワー
無線ラン×
共同キッチン×(レストラン・バー併設)
【キトンガ】  スターコム(Starcom Comfort Motel)
宿泊日2009.7 クロコダイルキャンプから55km。イリンガに向かう峠の手前にある、ホテル1件と同系列のレストランが数件あるだけの道の駅みたいな村。部屋は高かったので庭にテントを張らせてもらった。チャリダー以外に誰が泊まるのか?というロケーションなのにそれなりに客がいたのでビックリ。やたらと広くい敷地にプール、カンファレンスホールやBBQサイトまであるのに、なぜかホットシャワーはない。東アフリカの宿はこういう中途半端なつくりのところが多い。次の街(イルーラ)は峠の上。
テント泊10,000シリング/一張
総合評価★★☆☆☆
清潔度★★★☆☆
リラックス度★☆☆☆☆
ホットシャワー×
無線ラン×
共同キッチン×
【イリンガ近郊】  リバーサイド キャンプ(Riverside Campsite)
宿泊日2009.7 イリンガの手前約13kmにある有名なキャンプ場。メインロードから標高差100mほど下った川沿いにある。青々とした芝生のサイトには焚き火プレイスも用意されていて、シャワーやトイレも綺麗にされていて、全てが程よく準備されているのだけど、私たちには何となくフィーリングが合わなかった。併設のレストランは高い。タンザニアのキャンプ場は安宿よりも高くつくことが多い。
テント泊6,000シリング
総合評価★★★☆☆
ロケーション★★★★☆
リラックス度★★★☆☆
ホットシャワー
無線ラン×
共同キッチン×(レストラン併設)
【キトランザ】  オールドファーム キャンプ(The Old Farm House)
宿泊日2009.7 イリンガから約50km。キャンプ場は団体用と個人用に分かれ、個人用サイトは一つ一つが程よく独立していて、それぞれにハット、ベンチ、焚き火プレイスが準備されている完璧な造り。併設のレストランはとても高いけどめちゃくちゃ美味くて雰囲気も素晴らしい。バーの雰囲気も良い。冬だったので若干枯れ草が目立ったのが残念だけど、従業員も気持ちの良いサービスをしてくれて、心からリラックスできるお勧めのキャンプサイト。ファーム産の野菜や肉も買える。バンガローもある。
テント泊5,000シリング
総合評価★★★★★
ロケーション★★★★☆
リラックス度★★★★★
ホットシャワー
無線ラン×
共同キッチン×(レストラン・バー併設)
【マカンバコ】  ミッドタウン ロッジ(Midtown Lodge)
宿泊日2009.7 部屋は狭いが綺麗にしてある。中庭があって日当たりが良い。バーとクラブ(?)が併設されているので夜までズドンズドンとうるさいのが難点。敷地内に日本語が読める快適速度のネットカフェがある。蚊帳・TVあり。
ダブル(付)10,000シリング
総合評価★★★☆☆
清潔度★★★★☆
リラックス度★★☆☆☆
ホットシャワー
無線ラン×
共同キッチン×(バー併設)
【チマラ】  ルターラン センター(Lutheran Centre Guest House)
宿泊日2009.7 街の西の外れ。大きな街を期待していたのに意外やとても小さな村で宿も数件かろうじてあるのみ。その中ではこの宿が断トツに綺麗だった。宿のおじさんはスワヒリ語しか通じない。頼めばお湯バケツを用意してくれる。蚊帳あり。40km手前のIgawaの方が大きい街。
ダブル(付)5,000シリング
総合評価★★☆☆☆
清潔度★★★☆☆
リラックス度★★☆☆☆
ホットシャワー×
無線ラン×
共同キッチン×
【ウヨレ】  フリーパーク ロッジ(Free Park Lodge)
宿泊日2009.7 綺麗なバーの裏手にあるきれいな宿。部屋は狭いがとても清潔。こじんまりとした中庭を囲むように部屋があるので、バーに行かなくても中庭でゆっくり飲食できる。シャワーはぬるま湯が出る程度なのが残念。蚊帳なし、TVあり。
ダブル(付)15,000シリング(B&B)
総合評価★★★☆☆
清潔度★★★★☆
リラックス度★★★☆☆
ホットシャワー
無線ラン×
共同キッチン×(レストラン・バー併設)
【トゥクユ】  スィファ ホテル(Sifa Hotel)
宿泊日2009.7 部屋は広くてとても清潔。洗濯物干し場もたっぷりあるし、窓からの景色がとても良いし、従業員もみんな朗らかな雰囲気で、とてもリラックスできる。自転車を部屋まで入れさせてもらった。蚊帳・TVあり。タンザニアの安宿は、ベッドの質、蚊帳の綺麗さ、トイレの便座ある率など、いろんな面でケニアやウガンダに比べてレベルが高い。
ダブル(付)15,000シリング(B&B)
総合評価★★★★☆
清潔度★★★★☆
リラックス度★★★★★
ホットシャワー
無線ラン×
共同キッチン×
back to top
© yokoandhiro All rights Reserved.