Apr,06,2015

「原発反対!」
という言葉は、原発はよくない、いらないと思っている私にとってすら、
少し重すぎる言葉でした。
真っ向から、カクカクの字で「ゲンパツハンタイ!」と迫られると、気持ちが後退りしてしまいます。ちょっぴり萎縮してしまうんです。

そんな私ですが、原発には心底反対です。
そして昨日は、漠然としていた部分もあった自分の中の原発に反対する気持ちが、
理論を持って、確信に変わりました。
「日本と原発」という映画を観てきました。
感情論ではなく、理路整然となぜ原発がいらないのか、原発を止めないといけないのかを、
丁寧にわかりやすく、訴えかけてくれる映画です。
そして自分が原発問題の当事者であることを強く感じさせてくれます。
「原発はやっぱりいらない。」
そう思わされると同時に、そのためには自分も何かしなくてはならないのだと、
何か出来るような気にさせてくれる、そんな映画でした。

原発のことはよく分からないし、あまり考えたくない。
そんな人にこそ是非見て欲しいです。
これからの上映もまだ沢山あります。
お見逃しなく!!
「日本と原発」上映スケジュール


yokoandhiro | 札幌(SAPPORO)
© yokoandhiro All rights Reserved. | 管理者ページ